脊柱管狭窄症

大手口コミサイトで地域ナンバー1選ばれています

【整体部門・整骨院接骨院部門・はりきゅう部門】3つの部門で1位を獲得しております。

  • 5分以上歩くと中腰で休まないと歩けない
  • 病院では手術しかないと言われた
  • 足の裏がしびれて常にピリピリする
  • 座敷での宴会は長い時間座ってられない
  • 長時間の車の運転姿勢がつらい

 

いかがでしょうか?

きっとアナタの症状も、この方たちと同じように改善していきますよ。

そのためにも、まずはアナタが正しく「脊柱管狭窄症」を理解して頂く必要があります。

そもそも「脊柱管狭窄症」とはどういう症状なの?

「同一姿勢・歩行」が痛い

脊柱管狭窄症とは、神経が通るトンネルを骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで、圧迫された状態のことです。

症状として、間欠性跛行があり、下肢の筋力低下などで、姿勢不良などにより周辺の神経を圧迫し、痛みや疲労感が、腰~下肢周辺を襲います。

そのため、症状として現れ日常生活に支障をきたすことになります。

また、腰の痛みだけではなく、下半身にシビレが出ることもあります。

特徴として、一度脊柱管狭窄症になってしまうと、痛みが改善したとしても、運動や日常動作をきっかけに、痛みが再発を繰り返し、違和感が残ることがあります。根本的な改善がしずらい症状です。

 

脊柱管狭窄症の一般的な原因は

  • 腰の筋肉への急激な負荷
  • 日常生活による慢性的な疲労蓄積
  • 加齢や背骨の症状によう影響

 

脊柱管狭窄症の痛みと似ている危険な症状は

  • 閉塞性動脈硬化症
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰部椎間関節症
  • 腰椎圧迫骨折

上記の症状には気お付けねばなりません。

 

病院やよくある整骨院での一般的な処置や施術はどういうものか?

「腰の痛み」だけに特化した処置や施術

病院では

  • レントゲンやMRIを撮られる
  • 動きの制限や安静
  • 湿布や痛み止めの処方
  • 手術の提案

 

整骨院では

  • 腰周りのマッサージ
  • 赤外線で温める
  • 腰周辺のトレーニング指導
  • 電気をかける

などが一般的です。

ですが、これらの処置や施術ではなかなか改善しないのが実情です。

では、どうしてアナタの「脊柱管狭窄症」の痛みは改善しないのでしょうか?