腸脛靭帯炎

大手口コミサイトで地域ナンバー1選ばれています

【整体部門・整骨院接骨院部門・はりきゅう部門】3つの部門で1位を獲得しております。

  • 痛めてから整形外科に通院してもまったく変わらない
  • 医者から処方された痛み止めを飲んでも、湿布を貼っても、まったく痛みが変わらない
  • 自転車のこぎ出しが痛い
  • 階段の昇り降りに痛みが走る
  • 痛みの改善→悪化の繰り返し

 

いかがですか?

きっとアナタの症状も、この方たちの様に改善できますよ!

そのためのも、まずはアナタが正しく「腸脛靭帯炎」を理解して頂く必要があります。

そもそも「腸脛靭帯炎」とはどんな症状なの?

「膝の外側」に痛みが出る

「腸脛靭帯炎」とは、ランニングなどで膝の曲げ伸ばしを繰り返すことによって、膝の外側の靭帯が出っ張った骨にこすれて、炎症を起こし痛みが出ることです。

特に、マラソンなどの長距離を走る方に多く診られる症状です。

もちろん、走る動作以外にも、階段の昇り降りや、しゃがんだりすることで、痛みが強く出ることがあります。

 

腸脛靭帯炎の症状は?

  • 膝の外側に痛みや違和感がある
  • ランニング後に痛み出し、休むと治まる
  • 悪化すると、ランニング中でも痛み出す
  • 膝の曲げ伸ばしができなくなる

 

「腸脛靭帯炎」を起こしやすい人の特徴は?

  • 走り過ぎ
  • 硬いシューズや硬い路面で走っている
  • O脚
  • フォームの問題

 

一般的に考えられる原因は?

  • 長時間のランニング
  • オーバーワーク
  • フォーム
  • 走り方
  • 走る環境
  • 加齢による筋力の衰え
  • 長年の生活習慣

 

病院や整骨院での一般的な「腸脛靭帯炎」への処置や施術はどういったものなのでしょうか?

「膝の痛み」だけに、特化した処置や施術

病院では、

  • 運動制限や安静
  • 膝に電気をかける
  • 湿布や痛み止めの処方
  • 膝への注射

 

整骨院では

  • 膝に電気をかける
  • 膝の周りの筋肉のマッサージやストレッチ
  • 膝に負担がかからない為のテーピング
  • 膝の周りの筋肉へのリハビリ指導

などが一般的です。

 

ですが、これらの処置ではなかなか改善しないのが実情です。

 

では、どうしてアナタの「腸脛靭帯炎」の痛みは改善しないのでしょうか?