膝蓋靭帯炎

大手口コミサイトで地域ナンバー1選ばれています

【整体部門・整骨院接骨院部門・はりきゅう部門】3つの部門で1位を獲得しております。

  • 痛みがあるが大会直前なので休めれない
  • レギュラーを奪われたくないので早く復帰したい
  • 2ヶ月間も安静にしたのに一向に良くならなかった
  • 膝のお皿の下が痛い
  • 膝を深く曲げると痛い

 

いかがですか?

きっとアナタの症状もこの方たちと同じように改善に向かいますよ。

そのためにもまずは、アナタが苦しんでいる「膝蓋靭帯炎」の症状について理解しておく必要があります。

 

そもそも「膝蓋靭帯炎」とはどういう症状なのか?

「膝の下」あたりが痛い

膝蓋靭帯炎とは、膝に対して過度な牽引力が起こり、膝蓋靭帯に炎症が起こり痛みとなって現れることです。

スポーツなどによる急激な動作(ストップ、ダッシュ、ジャンプ、キックなど)の繰り返しによって、太ももの前の筋肉がパンパンに疲労して硬くなることが一番の原因と考えられています。

 

膝蓋靭帯炎の症状とは

  • 膝のお皿の下の靭帯を押すと痛い
  • 膝に腫れと熱感がある
  • スネの骨が出っ張る
  • 自転車をこぐと痛い
  • 痛くて正座ができない
  • 膝の曲げ伸ばしで痛みが出る
  • 階段の昇り降りが痛い

 

一般的に言われている原因には

  • 疲労によって太ももの前の筋肉が硬くなる
  • 急激な動作の繰り返し
  • 使い過ぎによるオーバーワーク

 

膝蓋靭帯炎を起こしやすいスポーツは?

  • 陸上競技
  • サッカー
  • アメリカンフットボール
  • 空手
  • バレーボールバスケットボール
  • バトミントン
  • 卓球

 

病院やよくある整骨院での一般的な処置や施術はどういうものなのでしょうか?

「膝の痛み」だけに特化した処置や施術

病院では

  • 運動量の制限や安静
  • 膝に電気をかける
  • 湿布や痛み止めの処方
  • 膝への注射

 

整骨院では

  • 膝に電気をかける
  • 膝の周りの筋肉のマッサージやストレッチ
  • 膝へのテーピング
  • 膝の周りの筋肉へのトレーニング指導

などが一般的です。

 

ですが、これらの処置ではなかなか改善しないのが実情です。

 

では、どうしてアナタの「膝蓋靭帯炎」の痛みは改善しないのでしょうか?