ランナー膝

病院でクスリや湿布などを処方され、医者の指示通りに安静にし休んでも、走るとまた痛くなるといった繰り返すランナー膝! なぜ、当院の施術で症状が改善し、走ることが今よりずっと楽しくなるのか?

ランナー膝でこんな悩みありませんでしたか?

  • 膝を伸ばすと外側が痛く、膝が伸ばせない。
  • 階段の昇り降りがつらい…
  • 医者の指示通りに湿布を貼って安静にしても、走り出すと痛み出す。
  • 日常生活で歩くぶんには痛くはないが、走り出すと痛みが出てくる。
  • 病院で注射をしていても、運動をすると膝が腫れて、水が溜まってしまう。

アナタと同じ「ランナー膝」の痛みで悩んでいた人が、当院の施術で改善されております。 まずは当院の施術を受けて「ランナー膝」が改善された喜びの声をご覧ください。

ウルトラマラソンで右膝を痛め、足を引きずる状態なのに、1回目で痛みが改善され走りやすくなった。

お客様写真
アンケート用紙

「どのようなお悩みで来院されましたか?」

膝の痛み。60㎞ウルトラマラソンで右ひざを痛め足をひきずる状態。

来院時どのような期待や不安がありましたか?」

ひざの痛みが少しでも良くなればいいなと思っていた。

「実際に来院されてどうでしたか?」

1回目でひざの痛みがかなり改善され、走りやすくなった。

「施術前と施術後を比べてどうでしたか?」

ひざが改善した後は、猫背や肩こりの施術を受け、姿勢が良くなった。

「他院と比べてどこが良かったですか?」

施術だけでなく、家でできるストレッチや筋トレのアドバイスがあり、自分でも回復を早めることができた。

「スタッフの説明は解りやすかったでしょうか?」

わかりやすかった。

「その他、何か一言あればお願いします」

昨年のヒザ痛をきっかけに通いはじめて、様々なトレーニングも教えて頂き、とっても良くなりました。

東淀川区在住 会社員 女性 47歳 匿名希望様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

マラソンでの右膝痛を対処療法ではなく、原因を見極め、痛みが発生しない様に根治療法が嬉しかった。

お客様写真
アンケート用紙

「どのようなお悩みで来院されましたか?」

マラソンの練習を始め、右ひざ痛が発生し、走れなくなった。早歩きも屈伸も痛くて出来ず、日常生活に支障をきたすようになったため。

「来院時どのような期待や不安がありましたか?」

ネットで「ひざ痛み名医」と検索すると「ひざ痛治療の神の手13人のリスト」が出てきた。HPを見て、痛みに対する単なる対処療法ではなく、加圧トレーニングや物理療法等で、痛みの原因を根本的に治療していく考え方に共感できたので、どんな治療をしていただけるか期待して来院。

「実際に来院されてどうでしたか?」

期待どおり。痛みの原因について仮説を立てて施術方法を決定。効果を検証しながら施術メニューを変更していくので治療の効率が高いと感じられ安心感がある。

「施術前と施術後を比べてどうでしたか?」

以前も針とマッサージを受けた経験があるが当医院は、針を打ち、ラジオ波を照射するので、同じ時間でも温まり方に大きな差が出て、筋肉がほぐれるのをリアルに感じられる。このラジオ波がとても心地良い。

「他院と比べてどこが良かったですか?」

対処療法ではなく、痛みの原因を見極め、痛みが発生しないように根本治療をするところ。また加圧トレーニングや物理療法で治療効率を高める施術方法を追求していること。

「スタッフの説明は解りやすかったでしょうか?」

痛みの原因として考えられること、治療方法の目的等わかり易く説明していただいた。

「その他、何か一言あればお願いします」

単なるひざ痛と思っていたが、施術を返して、様々な原因が複合してひざ痛が発生したという認識至った。今後も定期的にメンテナンスに来院したいと思う。

横浜市在住 会社員 男性 53歳 ペンネーム:50代会社員様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

痛めてから半年以上取れなかった膝の痛みがなくなり安心しました。

お客様写真
アンケート用紙

「どのようなお悩みで来院されましたか?」

片足スクワットで左ヒザを痛めた。

「来院時どのよな期待や不安がありましたか?」

半年以上痛みがが取れなかったので治るかどうか不安があった。

「実際に来院されてどうでしたか?」

温熱器具で痛みが和らぎ、テープで大きく改善した。

「施術前と施術後を比べてどうでしたか?」

痛みが和らいだ。加圧によるリハビリでサポーターが外せるようになった。

「他院と比べてどこが良かったですか?」

温熱、電気、加圧の複合的なアプローチ。

「スタッフの説明は解りやすかっでしょうか?」

筋肉のつながりがわかった。

「その他、何か一言あればお願いします」

エナジーテープで痛みがひきました。

江東区在住 会社員 男性 50歳 匿名希望様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

病院からは膝の人工関節を勧められていて、将来杖を使わざるをえない生活に不安があったが、ここまで回復出来て本当に感謝です!

お客様写真
アンケート用紙

「どのようなお悩みで来院されましたか?」

1か月に1回、右ひざに内出血をしていて、松葉づえが日常生活に必要で、右足の筋力がかなり落ちて、痛みもあった。

「来院時どのような期待や不安がありましたか?」

病院からは、人工関節をススメられていて将来、ツエを持つ生活になるのか?という不安があったが、こちらで話を聞くうちに不安が消えていきました。

「実際に来院されてどうでしたか?」

施術については、その時の身体のコンディションを聞かれ、痛みや不安についても正直にお伝えした上での施術でしたので、とても安心しておまかせできました。

「施術前と施術後を比べてどうでしたか?」

僕の場合は、施術をはじめて、2回目くらいから、身体が変わっていくことが自覚できて、日常でも良くなっていくことがわかりました。同時に痛みも減っていきました。

「他院と比べてどこが良かったですか?」

必ず、来院と来院の間の身体、治療箇所の状態を聞いてくれ、それを踏まえての施術はとても安心できたのと、続けられている要素になっています。

「スタッフの説明は解りやすかったでしょうか?」

疑問、不安については、本当にわかりやすく説明していただけたので、良かったです。なので、素直に正直に思いきり施術、リハビリができました。

「その他、何か一言あればお願いします」

来院させていただいた時の身体の状態と心の状態から、ここまで回復できたのは、馬上先生と篠田先生のおかげです。本当にありがとうございます。

荒川区在住 会社員 男性 55歳 水野谷様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

いかがですか?

きっとアナタの症状も、この方たちと同じように改善していきますよ。

そのためにも、まずはアナタが正しく「ランナー膝」を理解して頂く必要があります。

そもそも「ランナー膝」とはどういう症状なの?

膝の外側に痛みがある

ランナー膝とは、膝の曲げ伸ばしを繰り返すことによって、膝の外側靭帯が骨の出っ張りにこすれて、炎症を起こし痛みが出ることです。

特に、マラソンなどの長距離を走る方に診られる症状です。

もちろん走る動作以外にも、階段の昇り降りや、しゃがんだりすることで、痛みが強く出ることもあります。

 

「ランナー膝」の原因は?

ランナー膝は、主に長時間のランニングや長距離を走るマラソンといった走る動作で痛めることが多く、走り過ぎ、走り方、フォーム、走る環境、加齢による筋力の衰え、長年の生活習慣、などいろいろ原因によって起こります。

ですが根本の原因は、長い時間走ることにより体の軸のバランスが崩れたことによって痛みが出てきます。

ですので、膝そのものが悪いわけではありません

病院やよくある整骨院での一般的な「ランナー膝」への処置や施術はどういうものか?

「膝の痛み」だけに特化した処置や施術

病院では

  • 運動量の制限や安静
  • 膝に電気をかける
  • 湿布や痛み止めの処方
  • 患部への注射

 

整骨院では、

  • 膝に電気をかける
  • 膝の周りの筋肉のマッサージやストレッチ
  • 膝へのテーピング
  • 膝の周りの筋肉へのトレーニング指導

などが一般的です。

 

しかし、これらの処置は結果である「膝の痛み」に対してだけで、根本の原因に対してはまったく効果がありません。

なので、痛みが取れても、また痛みが再発するといった無限ループになってしまうのです。

 

膝だけを治療しても良くならない「ランナー膝」の本当の原因とは?

インナーマッスルが上手く機能していないから体の軸がブレるのです。

それでは、ランナー膝を引き起こす原因は何なんでしょう?

確かに、膝の外側の筋肉や靭帯が硬くなって、ランナー膝を引き起こす要因ではあります。

ですが、それだけがランナー膝の原因であるのなら、病院や整骨院がやっている施術方法で確実に良くなるとは思いませんか?

事実、痛みがひいても、また痛みが再発するという「無限ループ」的なことをやり続けてしまっているのです。

私が言いたいのはただ1つ!

膝が痛いのが悪いのではなく、膝が痛くなるようなカラダの状態でいることが悪いのです。

それでは、ランナー膝を生み出す原因となっている「痛みが出てくるカラダの状態」とは一体どんな状況なんでしょう?

それは、骨盤を形成しているインナーマッスルが上手く機能していないからです。

その筋肉が機能していないから、骨盤が安定せず、体幹の軸がブレてしまい、膝に負担がかかるからランナー膝になってしまうのです。

だから、いくら膝に対して様々な治療法でアプローチをかけたところで、また元の痛みに戻ってしまう訳なんです。

ではなぜ、当院の施術が「ランナー膝」に対応できるのか?

機能させるためのメソッドがあるから

なぜ、みゆき鍼灸整骨院の施術で病院や整骨院で治療をしても良くならなかった「ランナー膝」が良くなるのかというと…

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加