捻挫

原因がハッキリしているので、大丈夫ですよ

こんな捻挫の症状でお悩みではございませんか?

  • 動かさなくてもジンジンする
  • しっかりとリハビリをしていない
  • 病院にて長期間固定されていた
  • 痛みが邪魔して寝れない
  • パンパンにむくんで松葉杖を使用している

辛いですよね。

でも、もう大丈夫ですよ。アナタと同じ捻挫に悩んでいた人が当院の施術で改善されております。

まずは、当院の施術を受けて捻挫が改善された喜びの声をご覧ください。

土踏まずの治療で転院して良かった!いろんなことにチャレンジできる体になりました。

お客様写真
アンケート用紙

「どのようなお悩みで来院されましたか?」

土ふまずが「バシッ」と音がして他院で治療したが全くよくならなず、転院しました。

「来院時どのような期待や不安がありましたか?」

特になし。本当に治らなかったので何ががつかめれば・・・と

「実際に来院されてどうでしたか?」

治療が他と違い、アプローチの差におどろきました。

「施術前と施術後を比べてどうでしたか?」

良くなった事をいい事に調子にのりいろんな事にチャレンジできる体になりました。

「他院と比べてどこが良かったですか?」

あまりにもオリジナルすぎて比べられません。

「スタッフの説明は解りやすかったでしょうか?」

はい。いつもリクエストばかりしています。

「その他、何か一言あればお願いします」

どこが悪くて、故障したり、体調不良になるのだから、「体のメカニズムは同じでも」治療へのアプローチは、人それぞれだと思います。即ち、同じ治療法ってないと思いました。それを具体的に教えてくださり、気づかせて下さいます。おかげで便秘がなおりました(笑)

墨田区在住 会社員 女性 43歳 S.T様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ビーチバレーボールの練習中に右足首を捻ってしまい、歩くことも、足をつくこともできなかったのに、2週間後の大会に間に合って嬉しかったです!

お客様写真
アンケート用紙

「どのようなお悩みで来院されましたか?」

ビーチバレーの練習中に左足首をひねってしまい、歩くことも、足をつくこともできなくなってしまいました。痛みと怖さがありました。

「来院時どのような期待や不安がありましたか?」

とにかく骨が心配なのと、痛みがありましたので、診ていただいて安心感がほしかったです。

「実際に来院されてどうでしたか?」

適切な問診と診断で安心できました。痛みに対しても微弱電流のポータブル式のものを貸し出しして下さったので、よかったです。

「施術前と施術後を比べてどうでしたか?」

2週間後に初大会を控えていたので、一時はもう出れないだろうとあきらめていたんですが、出れます!大丈夫です!完ぺキに治療して仕上げます。と言ってくれたことが涙が出るくらいうれしかったです。

「他院と比べてどこが良かったですか?」

他院にはかかってません。

「スタッフの説明は解りやすかったでしょうか?」

先生の指導は決して無理なことではないので、忠実に守り治療効果が日々実感できているので、説明はばっちりだと思います。

「その他、何か一言あればお願いします」

先生と私の目標が大会出場だったので、リハビリも頑張れました。大会の前の過ごし方、練習に参加しての実際に動いてみてどう痛みがあるのかなど熱心に指導して下さる先生に感謝です。ジャンプできたときの嬉しさは格別でした。

台東区在住 自営 女性 36歳 あゆれ様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

そもそも捻挫とはどういう症状なのか?

捻挫を起こすと、ほとんどの場合は腫れが発生します。

関節包靭帯を損傷して炎症を起こす為です。

関節包の中の分泌液が充満すると関節

が動きにくくなり、疼痛がおきます。

通常なら、段々と腫れは引いていきます。

ただし、処置が不十分だと、腫れ慢性化して、関節の動きに影響がでて、変形や違和感が残る場合があります。

病院やよくある整骨院での一般的な捻挫の対処や施術はどういうものか?

RICE処置と痛み止め

捻挫をしたら、冷やして、圧迫して、足上げて、安静にする為に、テーピングやシーネやギプス等で固定されたことってありませんでしたか?

そして、数週間後から、リハビリを開始なんてこともありませんでしたか?

後は、痛めた場所周辺の筋肉の過緊張をとる電気治療やマッサージなんかも行われますよね。

もちろん骨に問題がない上での話ですよ。

その状態で、日常生活を数週間過ごすのって、とても辛くないですか。

RICE処置は当たり前で、プラスαが大切なんです

早期回復をする為には

捻挫は、負傷原因がハッキリしているケースが多いので、まずは痛めた箇所をいかに早く回復させ、リハビリをできる状態にするかが大切なんです。

よく、捻挫をしても治療せずに、自力で治しましたや、クセになるから気をつけてなんて聞いたことありませんか?

それでは、ダメなんです。痛めてからいかに早く治療をスタート出来るかが大切で、靭帯というのは、パンツのゴムと一緒で一度緩みきってしまうと、元に戻らなくなってしまうんですよ。

だから、腫れはないのに、痛さが残るや足首の左右差が明確に感じることになってしまうんですよ。

だからこそ、RICE処置プラスαの治療を行い、早期にリハビリを行うことが、重要なんです。

捻挫は軽くみたら、ダメなんです。もちろん骨に異常がない場合での話ですが。

では、なぜ当院の施術が捻挫に対応できるのか?

その日のうちに歩行が可能に

いかに早く腫れを抑えることを行えるのかが大切で、超音波やラジオ波で捻挫により過緊張を起こしている筋肉を緩めその後、痛めている部分に対して、治療を行います。

そして、カカトの上げ下げができるようになったら、加圧リハビリを行いどんどん回復を促していきます。

そして、自宅でも回復してもらう為に、マイクロカレントという電気が流れる治療器具を使いながら、RICE処置を行ってもらいます。

ちなみに、サッカーで捻挫し、その日に来た女の子は、帰るときには、スタスタ歩いて帰宅し、2回目からリハビリを行いました。

いかに、回復できる状態を早く作るかが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加