治療家としての思い

私はこんな治療家です

簡単なプロフィールです。

小さい頃から運動能力に優れ、高校卒業後プロのサッカー選手としてスタートさせました。

しかし、予期せぬケガによってチームを退団してしまいます。

失意の中、中学生のころに抱いていた体育の先生になる夢を実現させるために、一念発起で国士舘大学の体育学部に進学。

その傍らで始めたアメリカンフットボールで古傷を悪化させ、治療家としてのキッカケがそこで生まれました。

大学卒業後、専門学校をに入り、3年の養成期間後、無事「はり師」「きゅう師」「柔道整復師」の国家資格を取得。

その後、整形外科でのインターンを経て、開業に至る。

開業後の現在は、自身のプロアスリートとしての経験や国家資格者としての幅広い知識を駆使し、痛みで悩んでいる人助けるべく施術に向き合っている。

繰り返す痛みで悩んでいる人を助けたい

私は以前実業団のサッカー選手として活動していた時に痛めたケガがありました。

その古傷は、実業団を退団してから進学した大学時代で始めたアメリカンフットボールによって悪化し、歩行困難になるほどでした。

そのケガを治すために整形外科に通院しても湿布を処方されるだけで、痛みが引ても練習すればまた痛みがぶり返すといった経験をその時に実感しました。

だからこそ、私は自分の実体験があるからこそ痛みで苦しんでいるアナタに知ってほしいのです。

「医者は医者であって、ケガを治す治療家ではない」

私は、自分が経験しているからこそ繰り返す痛みで苦しんでいるアナタを助けたいです。

みゆき鍼灸整骨院

〒110-0015東京都台東区東上野1-3-10