胸郭出口症候群

大手口コミサイトで地域ナンバー1に選ばれています

【整体部門・整骨院接骨院部門・はりきゅう部門】3つの部門で1位を獲得しております。

  • 病院で診断はされだが、解決に至っていない
  • 長時間同じ姿勢でいると痺れがひどくなる
  • 腕から指先にかけて痺れている
  • 腕から手にかけて常に氷のように冷たい
  • 感覚が鈍くなった

 

いかがですか?

きっとアナタの症状も、この方たちと同じように改善に向かいますよ。

そのためにも、まずはアナタが正しく「胸郭出口症候群」を理解しておく必要があります。

そもそも「胸郭出口症候群」とはどういう症状なの?

「肩から腕」の痺れや痛み

胸郭出口症候群とは、首の前から腕や手にかけて神経のしびれや痛みが現れる疾患です。

また、胸郭出口症候群が悪化すると、鈍痛、冷感、しびれなどが起こります。

肩・首周りには重要な神経が集まっているため、胸郭出口症候群によりこれらの神経が圧迫されると、様々な症状が表れます。

 

胸郭出口症候群の症状は?

  • 慢性的な筋肉のコリ感
  • 鈍痛
  • 冷感
  • シビレ

 

胸郭出口症候群を起こしやすい人の特徴は?

  • 同一姿勢での作業
  • 猫背
  • いかり肩
  • なで肩

 

一般的に考えられる原因は?

  • 姿勢不良
  • なで肩
  • いかり肩
  • 内臓の冷え

 

病院やよくある整骨院での一般的な処置や施術はどういうものなのでしょうか?

「肩・首の痛み」だけに特化した処置や施術

病院では

  • 作業量の制限や安静
  • 肩首のお筋肉に電気をかける
  • 湿布や痛み止めの処方
  • 神経ブロックの注射

 

整骨院では

  • 肩首の筋肉に電気をかける
  • 肩首の周りの筋肉のマッサージやストレッチ
  • 肩首へのテーピング
  • 肩首の周りの筋肉へのセルフケア指導

などが一般的です。

 

ですが、これらの処置ではなかなか改善しないのが実情です。

 

では、どうしてアナタの「胸郭出口症候群」の痛みは改善しないのでしょうか?

 

当院が考える「胸郭出口症候群」を引き起こす本当の原因とは?