テニス肘

今後も、肘をかばいながら、テニスを続けていかれますか?

こんなテニス肘の症状で、お悩みではございませんか?

  • ロキソニンテープを貼って安静にしている
  • 痛めては、休みを繰り返してきた
  • サポーターを購入するか迷っている
  • バックハンドストロークを打った時に、痛みを感じだした
  • お風呂で、頭・カラダを洗うのに、桶で湯をすくう時に、肘に負荷がかかり、酷い時には、ピキッと電気が走ったようになる

辛いですよね。

でも、もう大丈夫ですよ。

アナタと同じテニス肘に悩んでいた人が当院の施術で改善されております。

まずは当院の施術を受けてテニス肘が改善された喜びの声をご覧下ください。

テニスの練習後の右肩の違和感及び痛みがあり、様々な治療器具を使い治療とリハビリを行っていると、いつのまにかテニスの技術が向上していた。

お客様写真
アンケート用紙

「どのようなお悩みで来院されましたか?」

テニス終了後の右肩の違和感及び痛みの解消

「来院時どのような期待や不安がありましたか?」

妻から聞いていたが、完治させて院を「卒業」が目標としていることに期待が持てた。

「実際に来院されてどうでしたか?」

様々な治療器を使用して施術していただき、徐々に効果が出てきたので、うれしかった。最初は費用対効果が心配だった。

「施術前と施術後を比べてどうでしたか?」

日常生活では、ほとんど違和感はなくなった。

「他院と比べてどこが良かったですか?」

予約制で待ち時間がないし、治療時間が短い。

「スタッフの説明は解りやすかったでしょうか?」

筋肉や体の部位の用語が理解しにくいが、模型やipadで説明されるのでなんとなく理解している。

「その他、何か一言あればお願いします」

治療方針や筋力強化の方針に従ってきて、テニスの技術向上が図られ、楽しくテニスができています。

墨田区 会社員 50代 男性  mrhide様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

「すべて任せて下さい!」と言って下さり、安心して膝の治療に専念できました!

お客様写真
アンケート用紙

「どのようなお悩みで来院されましたか?」

マラソントレーニング中の膝の痛みに悩んでいました。

「来院時どのような期待や不安がありましたか?」

フルマラソン出場の3ヶ月前で思うように練習ができずに不安でした。

「実際に来院されてどうでしたか?」

まず初めに院長から「フルマラソンを完走できる体に戻すので、すべて任せて下さい」と言って下さり安心して通院することが出来ました。

「施術前と施術後を比べてどうでしたか?」

初めてのレッドコードを使用した施術や加圧トレーニングにより膝の痛みも解消し、正しいランニングフォームも指導頂き無事完走出来ました。その後も楽に走らせて頂いています。

「他院と比べてどうですか?」

自分の体の弱点を教えて頂いた事により、納得した施術を受けられることが良いと思いました。

「説明は解りやすかったでしょうか?」

大変解りやすいのと自分の思いなど気軽に伝える事が出来るので有難いです。

台東区在住 自営業 男性 46歳 齋様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

「すべて任せて下さい!」と言って下さり、安心して膝の治療に専念できました!

お客様写真
アンケート用紙

「どのようなお悩みで来院されましたか?」

マラソントレーニング中の膝の痛みに悩んでいました。

「来院時どのような期待や不安がありましたか?」

フルマラソン出場の3ヶ月前で思うように練習ができずに不安でした。

「実際に来院されてどうでしたか?」

まず初めに院長から「フルマラソンを完走できる体に戻すので、すべて任せて下さい」と言って下さり安心して通院することが出来ました。

「施術前と施術後を比べてどうでしたか?」

初めてのレッドコードを使用した施術や加圧トレーニングにより膝の痛みも解消し、正しいランニングフォームも指導頂き無事完走出来ました。その後も楽に走らせて頂いています。

「他院と比べてどうですか?」

自分の体の弱点を教えて頂いた事により、納得した施術を受けられることが良いと思いました。

「説明は解りやすかったでしょうか?」

大変解りやすいのと自分の思いなど気軽に伝える事が出来るので有難いです。

台東区在住 自営業 男性 46歳 齋様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

いかがですか?

きっとアナタのテニス肘も、この方たちとお同じように改善に向かいますよ

その為にも、まずアナタが苦しんでいるテニス肘について理解しておく必要があります。

 

そもそも、テニス肘とはどういう症状なのか

一般的に炎症が起こっていると考えてください。

でも、テニス肘は大きく2タイプあるんですよ。

肘の外側が痛いタイプと、肘の内側が痛いタイプとがあるんですよ。

ほとんど比率的には、外側を痛める方が多いんです。

一方トップの選手になると、強力なサーブやトップスピンの効いたショットを打つケースだと、内側に痛みが出る場合もあります。

でも、日常生活まで影響が出るのかというと、手首を背屈という動作を行うシーンがあるからなんです。

病院やよくある整骨院での一般的なテニス肘の対処や施術はどういうものか

保存療法&安静にし、痛み止め

まずは、保存療法と言われたと思います。

その後は、安静にして下さいと説明を受け、消炎鎮痛剤と湿布を処方されるという流れではなかったですか?

ひどい場合にはステロイドの注射を行われ、テニス肘のサポーターを勧められたこともあったかと思います。

なぜなら、肘の炎症が出るカラダの使い方が問題なんです。

体幹を使うっていうけれど、本当に使えていますか?

そもそもテニス中に痛めた場合、多くの方が経験が浅い方や、部分的筋力でプレーを行い、無意識にできている風になっている方が多いんです。

それは仕方がないことなんです。

なぜなら、腹横筋・多裂筋プラス腸腰筋を上手く使いこなすことをしていなかったからです。

逆にしっかりと使うことが出来ていれば、肘に必要以上に無駄な負担はかからないですよね。

でなければ、プロ選手は試合の度に、皆さんテニス肘になってしまいますよね。

ではなぜ、当院の施術がテニス肘に対応できるのか?

体幹を意識的から、無意識に使うことができるからなんです

それらを活かす為には、ご自身のカラダを正確に使うことが大切になってきます。

頭で分かっていてもカラダが反応しないでは意味がありません。

では、体幹ってどうすれば使えるようになるのかというと、レッドコードを使い手足による代償動作を減らした状態で、体幹部を意識的にトレーニングを繰り返し行っていきます。

意識して行えなければ、テニスの動作が加わったら、100%無意識では、軸を使ったショットはできませんよね?

ちなみに、肘の炎症を超音波・ラジオ波でとる治療を行った前提での話です。

治療とトレーニングを同時に行って行くことで、早期復帰&以前よりもカラダの使い方が上手くなっていきます。

病院やよくある整骨院での一般的な「テニス肘」への処置や施術はどういうものか?

「肘の痛み」だけに特化した処置や施術

病院では

  • 運動の制限と安静
  • ステロイドの注射
  • 湿布や痛み止めの処方
  • テニス用の肘バンド使用のアドバイス

整骨院では

  • 電気をかける
  • 温熱療法
  • マッサージやストレッチ
  • トレーニング指導

などが一般的です。

しかし、これらの処置は結果である「肘の痛み」に対してだけで、根本の原因に対してはまったく効果がありません。

なので、痛みが取れても、また痛みが再発するといった無限ループになってしまうのです。

肘だけを治療しても良くならない「テニス肘」の本当の原因とは?

骨盤のインナーマッスルが上手く機能していないから体の軸がブレるのです。

それでは、テニス肘を引き起こす原因は何なんでしょう?

確かに、テニスやスマホ・パソコン作業等、手首を使う動作で、誰にでも現れる可能性があり、親指側の肘から前腕にかけて痛みが出ることで、テニス肘を引き起こす要因ではあります。

ですが、それだけがテニス肘の原因であるのなら、病院や整骨院がやっている施術方法で確実に良くなるとは思いませんか?

事実、痛みがひいても、また痛みが再発するという「無限ループ」的なことをやり続けてしまっているのです。

私が言いたいのはただ1つ!

肘が痛いのが悪いのではなく、肘が痛くなるようなカラダの状態でいることが悪いのです。

それでは、テニス肘を生み出す原因となっている「痛みが出てくるカラダの状態」とは一体どんな状況なんでしょうか?

それは、骨盤を形成しているインナーマッスルが上手く機能していないからです。

その筋肉が機能していないから、骨盤が安定せず、体幹の軸がブレてしまい、肘に負担がかかるからテニス肘になってしまうのです。

だから、いくら肘に対して様々な治療法でアプローチをかけたところで、また元の痛みに戻ってしまう訳なんです。

ではなぜ、当院の施術が「テニス肘」に対応できるのでしょうか?

終わりが見えない永遠に続く「無限ループ」に陥っていませんか?

症状が軽く、原因が肘であれば、必ず「痛み止めや湿布」「筋肉をもみほぐす」といった処置で痛みは改善されるでしょう。

ですが、それだけでは「足らない」という事実があることをアナタは知っていましたか?

事実、当院に駆け込んでこられる方々は、何回も何回も整体院や病院に行ききするといった「無限ループ」状態になっています。

もしかしたら、アナタも典型的な「無限ループ」状態になってしまっているのではないでしょうか?

自律神経の乱れを解消し、インナーマッスルを機能させましょう

では一体、何が足りないのでしょうか?

ウチが大切にしているのは「自律神経の乱れを整えること」「インナーマッスルを機能させること」の2つです。

なぜなら、自律神経が乱れると内臓を冷やしてしまい、それが原因でインナーマッスルが機能しなくなるからです。

だからウチでは、不調の原因を「自律神経の乱れによる内臓の冷え」「インナーマッスルが上手く機能していない」と考えています。

ということは、自律神経の乱れをリセットさせ、機能していないインナーマッスルを機能させればいいのです。

その様な原理原則に従って創り上げたオリジナルの施術方法があります。

それは、「自律神経の乱れ」を解消させ、「インナーマッスル」を機能させる独自の施術方法です。

もしアナタが他の病院や整骨院で、アナタが求めている結果が得られていないとしたら、それは非常に悲しいことです・・・・

私は、そんなアナタの力になりたいです。

ぜひ、アナタを苦しめている悩みや問題点を御一緒に二人三脚で解消させて下さい。

お待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加