シンスプリント

安静にしていても、運動を再開するとまた、痛みがでてしまうアナタへ。ストレッチやアイシングで自己ケアと痛い足への治療でなぜ良くならないのか?なぜなら、痛みの「原因」はスネではないからです。あくまで、シンスプリントの痛みは、「結果」であり、本当の痛みの「原因」は別に存在しているって、知っていましたか?

こんなシンスプリントの症状にお悩みではございませんか?

  • アイシングやマッサージをしていても、運動すると痛みがぶり返す
  • 何もしていなくても足を地面や床に着いているだけで痛みが走る
  • 痛みがなくなっても、練習をすると痛くなり始め、痛くて走れなくなっては途中で練習を抜けての繰り返しになっている
  • 寒さが増すにつれて、段々痛みが出てきた
  • レギュラーから外されたくないので、ガマンしてプレーをしている

辛いですよね。

でも、もう大丈夫ですよ。アナタと同じシンスプリントに悩んでいた人が当院の施術で改善されております。

まずは、当院の施術を受けてシンスプリントが改善された喜びの声をご覧ください。

土踏まずの治療で転院して良かった!いろんなことにチャレンジできる体になりました。

お客様写真
アンケート用紙

「どのようなお悩みで来院されましたか?」

土ふまずが「バシッ」と音がして他院で治療したが全くよくならなず、転院しました。

「来院時どのような期待や不安がありましたか?」

特になし。本当に治らなかったので何ががつかめれば・・・と

「実際に来院されてどうでしたか?」

治療が他と違い、アプローチの差におどろきました。

「施術前と施術後を比べてどうでしたか?」

良くなった事をいい事に調子にのりいろんな事にチャレンジできる体になりました。

「他院と比べてどこが良かったですか?」

あまりにもオリジナルすぎて比べられません。

「スタッフの説明は解りやすかったでしょうか?」

はい。いつもリクエストばかりしています。

「その他、何か一言あればお願いします」

どこが悪くて、故障したり、体調不良になるのだから、「体のメカニズムは同じでも」治療へのアプローチは、人それぞれだと思います。即ち、同じ治療法ってないと思いました。それを具体的に教えてくださり、気づかせて下さいます。おかげで便秘がなおりました(笑)

墨田区在住 会社員 女性 43歳 S.T様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

膝の痛みの改善だけでなく、走り方、フォームが良くなり速く走れるようになりました!

お客様写真
アンケート用紙

「どのようなお悩みで来院されましたか?」

膝の痛みでマラソンが走れない。

「来院時どのような期待や不安がありましたか?」

どういった治療をするのか不安でした。

「実際に来院されてどうでしたか?」

走れるようになったし、どのように走るかカラダの機能を理解できた。

「他院と比べてどうですか?」

今までの治療法とは、全く異なるので不安がありましたが、膝だけでなく目標とする走りそのものが改善されました。

「スタッフの説明は解りやすかったでしょうか?」

丁寧にカラダの機能、サプリメントの飲み方など教えて頂いたので助かりました。

「その他、何か一言あればお願いします」

年齢を超えて、まだまだ記録を伸ばしたいと思いますので、カラダのケアをよろしくお願いします。

墨田区在住 会社員 女性 52歳 山田様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

「すべて任せて下さい!」と言って下さり、安心して膝の治療に専念できました!

お客様写真
アンケート用紙

「どのようなお悩みで来院されましたか?」

マラソントレーニング中の膝の痛みに悩んでいました。

「来院時どのような期待や不安がありましたか?」

フルマラソン出場の3ヶ月前で思うように練習ができずに不安でした。

「実際に来院されてどうでしたか?」

まず初めに院長から「フルマラソンを完走できる体に戻すので、すべて任せて下さい」と言って下さり安心して通院することが出来ました。

「施術前と施術後を比べてどうでしたか?」

初めてのレッドコードを使用した施術や加圧トレーニングにより膝の痛みも解消し、正しいランニングフォームも指導頂き無事完走出来ました。その後も楽に走らせて頂いています。

「他院と比べてどうですか?」

自分の体の弱点を教えて頂いた事により、納得した施術を受けられることが良いと思いました。

「説明は解りやすかったでしょうか?」

大変解りやすいのと自分の思いなど気軽に伝える事が出来るので有難いです。

台東区在住 自営業 男性 46歳 齋様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

いかがですか?

きっとアナタのシンスプリントもこの方たちと同じように、改善に向かいますよ。

その為にもまず、アナタが苦しんでいるシンスプリントについて理解しておく必要があります。

そもそも、シンスプリントとはどういう症状なのか

シンスプリントとは、走ることが多いスポーツを行っている人に多く、運動時や運動後にふくらはぎの内側に慢性的な痛みが起こるものです。

正確には、脛骨疲労骨膜炎と言い、スネに沿った筋肉に損傷が生じて痛む状態です。

足のスネの部分に、長期にわたって、繰り返しの負荷がかかる為に、痛みが生じます。

痛みをガマンして走っていると徐々に走ることが困難になってしまい、長い期間運動を中止せざるおえない状態になってしまうこともあります。

病院やよくある整骨院での一般的なシンスプリントの対処や施術はどういうもなか

その場限りの対処療法では問題解決になりません

病院だから何か特別に治療をやってくれるんじゃないかと思っていませんか?

一般的な整形外科等の病院では、レントゲンやMRIといった画像診断で診断が行われ、痛みが引くまで安静にしましょう等で終わってしまうのが現状です。

また、整骨院といった治療院では、病院よりはまだマシで、電気治療や徒手療法など痛めた患部を治療してくれますが、痛みの原因を潰していない為、残念ながら、その場限りが多いです。

運良く痛みが引いても、痛みの原因を根本から改善されていないので、再発する可能性が高く、また振出しに戻ってしまうのが現状だはないでしょうか?

そんな無限ループ的なことをやり続けているからアナタの痛みが改善しいないのは、当たり前だと思います。

それから、整形外科等の病院では、絶対にアナタにあった治療を行ってくれないことも留意しておいてください!

なぜなら、病院は厚生労働省が決めた枠内でしか、医療報酬が貰えない仕組みの中での治療になってしまうからなんです。

ですので、どこに行っても、どんな有名な病院に行っても同じ様な内容の治療になり、何かしら特別な治療を用意してくれないのです。

なぜなら、医師法に引っかかる行為になってしまうからなです。

結論は、病院だから何か特別な治療を行ってくれるんじゃないかという変な幻想は今すぐ止めましょう!

なぜなら、シンスプリントの本当の原因はインナーマッスルが上手く機能していないからです

骨盤を形成しているインナーマッスルが上手く機能していないからなんです

そもそも、一般的にシンスプリントは足の裏の外側で接地する走り方が原因で引き起こされる痛みと言われています。

ですが、現実は痛みが引いてもまた痛みが再発してしまう無限ループ的なことを続けているのが現状です。

普通に考えて、その原因を改善しているのであれば、痛みが再発したりしませんよね?

ということは、足の裏の外側で接地する走り方で起こる炎症は、「結果」であり、「原因」ではないということが考えられますよね。

その結果である「足の裏の外側で接地する走り方」になってしまうのには、もっと別な「原因」があるのです。

ですので、その「原因」を突き止め改善していかない限り、痛みが変化しないのです。

では、一体どうしたらいいのでしょうか?

答えはカンタンです!

痛みである「結果」を潰すのではなく、痛みのきっかけを作った「原因」を潰せばいいのです!

骨盤を形成している腸腰筋といったインナーマッスルが上手く機能していないことが一番の原因です。

機能していなければいけない骨盤が安定せず、体幹部の軸がブレてしまい、ふくらはぎに多大な負担をかけてしまうから、シンスプリントになってしまうのです。

だから、いくらスネに対して直接様々な治療法でアプローチかけた所で、あまり変化が見られない訳です。

本当の「原因」である骨盤のインナーマッスルを機能させていくことが何よりも最優先なのです。

だからこそ、しっかりと骨盤のインナーマッスルを機能させることが、先決です。

では、なぜ当院の施術が対応できるのか?

インナーマッスルを確実に機能させることができるんです!

ご理解頂けたでしょうか?

シンスプリントでスネが痛いのが悪いのではなく、シンスプリントになるようなカラダの状態でいることが、一番の問題なんです。

では、ふくらはぎの内側に慢性的な痛みが起こらない為には、どうすればいいのでしょうか?

例えば、車で言う「エンジン」の機能をアップさせる必要があるんです。

いくら車のボディーがベンツでも、エンジンが軽自動車だと、性能が100%発揮されないのと一緒なんです。

人のカラダだと、腸腰筋といったインナーマッスルがエンジンにあたります。

そのインナーマッスルの機能を復活させるために、「加圧リハビリ」をしていき、その機能をより向上させる為に。「レッドコード」を行っていきます。

ですが、それぞれのパーツがサビついていたら、意味がないので、超音波・ラジオ波・手技などを組み合わせて、インナーマッスルのサビを落としていきます。そうすることにより、インナーマッスルの機能を改善させる為のリハビリを100%引き出せる訳です。

これらの「サビ落とし」と「リハビリ」を組み合わせることで、アナタを苦しめてきた繰り返す同じ辛さを改善することができます。

それから、痛みで悩んでいるアナタにも一つだけ協力してもらいたいことがあります。

それは、アナタにしっかりと通院して頂くことです。

そうしなければ、継続性をもった治療ができないのです。

だから来てください!アナタに来ていただけなければ、ことは進みません。

病院やよくある整骨院での一般的な「シンスプリント」への処置や施術はどういうものか?

「足底とふくらはぎ」だけに特化した処置や施術

病院では

  • 運動量の制限や安静
  • ふくらはぎに電気をかける
  • 湿布や痛み止めの処方
  • 温熱療法

整骨院では

  • 足底~ふくらはぎに電気をかける
  • ふくらはぎ周りのマッサージやストレッチ
  • ふくらはぎへのテーピング
  • ふくらはぎ周りのトレーニング指導

などが一般的です。

しかし、これらの処置は結果である「シンスプリント」に対してだけで、根本の原因に対してはまったく効果がありません。

なので、痛みが取れても、また痛みが再発するといった無限ループになってしまうのです。

 

 

足底~ふくらはぎだけを治療しても良くならない「シンスプリント」の本当の原因とは?

骨盤のインナーマッスルが上手く機能していないから体の軸がブレるのです。

それでは、シンスプリントを引き起こす原因は何なんでしょう?

確かに、足底の使い方、スネ周りの筋肉に負担がかかり続けることで、シンスプリントを引き起こす要因ではあります。

ですが、それだけがシンスプリントの原因であるのなら、病院や整骨院がやっている施術方法で確実に良くなるとは思いませんか?

事実、痛みがひいても、また痛みが再発するという「無限ループ」的なことをやり続けてしまっているのです。

私が言いたいのはただ1つ!

シンスプリントになるのが悪いのでは、シンスプリントになるようなカラダの状態でいることが悪いのです。

それは、骨盤を形成しているインナーマッスルが上手く機能していないからです。

その筋肉が機能していないから、骨盤が安定せず、体幹の軸がブレてしまい、スネ周りに負担がかかるからシンスプリントになってしまうのです。

だから、いくらスネ周りに対して様々な治療法でアプローチをかけたところで、また元の痛みに戻ってしまう訳なんです。

ではなぜ、当院の施術が「シンスプリント」に対応できるのでしょうか?

終わりが見えない永遠に続く「無限ループ」に陥っていませんか?

症状が軽く、原因がスネ周りにあれば、必ず「痛み止めや湿布」「筋肉をもみほぐす」といった処置で痛みは改善されるでしょう。

ですが、それだけでは「足らない」という事実があることをアナタは知っていましたか?

事実、当院に駆け込んでこられる方々は何回も何回も整体院や病院に行ききするといった「無限ループ」状態になっています。

もしかしたら、アナタも典型的な「無限ループ」状態になってしまっているのではないでしょうか?

自律神経の乱れを解消し、インナーマッスルを機能させましょう

では一体、何が足りないのでしょうか?

ウチが大切にしているのは「自律神経の乱れを整えること」「インナーマッスルを機能させること」の2つです。

なぜなら、自律神経が乱れると内臓を冷やしてしまい、それが原因でインナーマッスルが機能しなくなるからです。

だからウチでは、不調の原因を「自律神経の乱れによる内臓の冷え」「インナーマッスルが上手く機能していない」と考えています。

ということは、自律神経の乱れをリセットさせ、機能していないインナーマッスルを機能させればいいのです。

その様な原理原則に従って創り上げたオリジナルの施術方法があります。

それは、「自律神経の乱れ」を解消させ、「インナーマッスル」を機能させる独自の施術方法です。

もしアナタが他の病院や整骨院で、アナタが求めている結果が得られていないとしたら、それは非常に悲しいことです・・・・

私は、そんなアナタの力になりたいです。

ぜひ、アナタを苦しめている悩みや問題点を御一緒に二人三脚で解消させて下さい。

お待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加