ぎっくり腰

ぎっくり腰の痛みから早く解放されたいアナタへ

  • なるべく早く腰の痛みを何とかしたい
  • 一つの動作のたびに腰の痛みで時間が掛かって困っている
  • 寝返りをうつたびに痛みが出るため困っている
  • つらい痛みで会社に行けない
  • 早く鋭い痛みから解放されてラクになりたい

ご安心ください。

もう大丈夫です!

ぎっくり腰で歩けなかった痛みが、ウソのようになくなり助かりました!

お客様写真

台東区在住 会社員 男性 38歳 三浦 聡様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

あれだけ痛かった腰痛と痺れがなくなりよかったです。まさに噂通りの最後の砦でした!

お客様写真

台東区在住 飲食業 男性 40歳 安室 博文様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

痛みで歩けないほどのぎっくり腰が1回の施術で良くなって助かりました!

お客様写真

文京区在住 会社員 男性 49歳 柳田 宗毅様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

重い荷物を持とうとした瞬間にぎっくり腰が1回の施術でなくなったのには驚きです!

お客様写真

台東区在住 会社員 男性 51歳 和井田 卓様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

初回での施術の流れ(約60分)

写真は左右にスライドできます

①問診票への記入

①問診票への記入

問診に必要な項目を記入してもらいます。

②お話をしっかり聞いての問診

②お話をしっかり聞いての問診

今まで自分では気が付かなかった原因を聞きだしていきます。

③触診で症状の原因を探す

③触診で症状の原因を探す

問診で聞き出した原因が正しいかどうかの最終確認をします。

④とてもソフトな施術

④とてもソフトな施術

力任せに引っ張ることはせず、シワを伸ばすような力加減で整えていきます。
※写真は肩こりや首に対して、レッドコードでの施術です。

⑤様々な物療器具でのアプローチ

⑤様々な物療器具でのアプローチ

人の手では絶対に再現できない物理療法の効果を手技との組み合わせで施術を致します。
※写真は背中のツボに対して、ラジオ波による深部加温療法の施術です。

⑥効果が実感できる再検査

⑥効果が実感できる再検査

様々な施術によって変化したカラダを触診によって、お互いに確認しあいます。

⑦早く良くなるためのアドバイス

⑦早く良くなるためのアドバイス

早く良くなるためには、患者さんの本人の自助努力が必要になります。その為のアドバイスです。

ぎっくり腰に対する当院のアプローチ

写真は左右にスライドできます

①USによるアプローチ

①USによるアプローチ

ぎっくり腰の原因となっている硬くなっているインナーマッスルに対して超音波を使ってのアプローチ

②PNFでのアプローチ

②PNFでのアプローチ

機能していないインナーマッスルに対して手技である筋神経促通法を駆使してのアプローチ

③硬くなった腹部をCAVIでのアプローチ

③硬くなった腹部をCAVIでのアプローチ

自律神経の乱れによって硬くなったお腹のインナーマッスルや内臓に対してEMSと超音波の組み合わせでアプローチ

アナタの根本的な不調の原因は「カラダのゆがみ」と「内臓の冷え」と考えています

「カラダのゆがみ」が関節に負担をかけています

それでは、アナタを悩ませている痛みの本当の原因は何なんでしょう?

答えはズバリ

カラダのゆがみ

です。

その「ゆがみ」があることによって、骨盤が安定せず、体幹の軸がブレてしまい、関節に負担がかかってしまうから、アナタを悩ませている痛みになってしまうのです。

「内臓の冷え」がカラダのゆがみを引き起こします

それでは、なぜゆがむのでしょう?

答えはカンタン

内臓の冷え

です。

カラダは「内臓の冷え」があることによって、無意識のうちにカラダをゆがませてしまいます。

分かりやすく言えば、お腹が痛い時カラダを前かがみの姿勢にして、痛みを和らげようとしますよね。

まさにアレです。

だから、カラダのゆがみは「内臓の冷え」があることによって、カラダのインナーマッスルが上手く機能しなくなってしまうから起きてしまうのです。

「自律神経の乱れ」が内臓の冷えになりますよ

では、どうして内臓の冷えは起きるのでしょうか?

もうお解りですね。

答えは…

自律神経の乱れ

が一番の原因です。

この「自律神経の乱れ」があることによって、全身の毛細血管が委縮してしまい、内臓の血流不足となってしまうから、内臓が冷えてしまうのです。

当院ではアナタの症状に合わせて独自の施術方法で改善させることができます

写真は左右にスライドできます

「ラジオ波」で自律神経の乱れを解消させます

「ラジオ波」で自律神経の乱れを解消させます

冷えて固まった自律神経に対して、高い周波数の電気である「ラジオ波」を流して温めていきます。
電気というとビリビリして痛いといったネガティブなイメージがありますが、高い周波数の電気をカラダに流すと、カラダの芯からポカポカと温かくなっていくのがわかります。
個人差はありますが、あまりの温かさに施術中にも関わらず眠ってしまうほどの気持ちよさです。

「加圧リハビリ」で機能していないインナーマッスルを機能させます

「加圧リハビリ」で機能していないインナーマッスルを機能させます

機能しなくなったインナーマッスルに対して、専用の加圧ベルトを使った「加圧リハビリ」で機能させていきます。
加圧トレーニングで使われる専用のベルトを使うことで3つの変化がカラダに現れます。
「成長ホルモンの向上」
「血管の若返り」
「筋力アップ」
その変化が、機能しなくなったインナーマッスルの機能を改善していきます。
血流をコントロールするリハビリのためきついですが、その分効果は劇的です。
特に、年齢が高い方のリハビリは効果的です。

「レッドコード」によってカラダの軸を造ります

「レッドコード」によってカラダの軸を造ります

運動をするアスリートにとって、インナーマッスルを機能させることはとても大切なことです。
なぜなら、インナーマッスルが十分に機能しないことで、パフォーマンスの低下からケガに直結してしまうからです。
ですので、運動によるケガの原因をインナーマッスルが機能しなくなることと考えています。
ということは、インナーマッスルを上手く機能させることが大切なのです。
だから当院では、加圧リハビリ以外に機能していないインナーマッスルをより一層正常に機能させるために「レッドコード」によるリハビリを加えています。

私自身も以前は、慢性的な痛みに悩んでました…

初めまして。

みゆき鍼灸整骨院院長の馬上 昌幸(ばじょう まさゆき)です。

 

当院は、平成19年3月に墨田区押上で開業し、保険診療を中心とした施術をしてきました。

しかし、保険診療では、満足できる結果が出ないことへの現実に、苛立ちと限界を常に感じていました。

そして、平成24年4月に現在の台東区東上野へ移転してきました。

それをきっかけに、自費の施術に特化した国家資格を持つスペシャリストを目指すことにしました。

 

おかげさまで、延べ施術回数1万回以上という回数をこなしてきました。

 

実はそんな私自身も以前は、慢性的な坐骨結節の痛みに悩んでおりました

 

負のスパイラルの無限ループ

ことのきっかけは、セミプロとして富士通サッカー部(現:川崎フロンターレ)でサッカーをしていた頃の古傷が、大学のアメリカンフットボールの激しい練習によって悪化させたことです。

 

酷い時には、痛みによって歩く事すらままならない状態でした。

 

その当時は、何の知識も経験もなかったため「病院に行けば何とかしてくれるだろう…」という淡い期待感で整形外科の病院に通院していました。

整形外科の先生は、レントゲンを診て「骨には異常はないね、炎症が収まるまでは運動はダメだよ」と言われ、湿布と痛み止めを処方されるだけでした。

医者の指示通りにしていていても、痛みが引いて練習を再開すれば、また痛みが再発し、また病院に行くの繰り返しでした。

 

まさにその時の状況は、負のスパイラルにどっぷりはまっていた出口が見えない無限ループ状態でした

「大丈夫だよ!また治ってプレーできるよ。」の一言で助かりました

今思えば、その時の心理状態は最悪でした…

「なんで俺だけが…」という思いでスタスタと歩く人たちを恨みに似た感情で見ていました。

あの頃の1年間は生命にかかわらなかったけど、毎日が生き地獄のようで辛かったです…

そんな私を見ていた先輩が見るに見かねて、ある治療院を紹介してくれました。

まさに、千載一遇の出会いでした。

そこの院長は、しっかりと私の話を聞いてくれ、原因を解明し、私に合った治療法を提案してくれました。

その時に言ってくれた一言は今でも忘れません。

 

 

大丈夫!治ってまたプレーできるよ。

 

 

この一言で、未来に全く希望が持てないモヤモヤとした感情が無くなった瞬間でした

 

その当時、カラダを動かすことは好きでしたし、ケガという悔しい思いをしたことで、漠然としていた将来ではなく、ハッキリとした目標が生まれました。

 

その目標とは、お世話になった先生のように何らかの形でケガに苦しんでいる人を助けたいという志です

 

そんな中、お世話になった治療院の院長の勧めもあり、大学を卒業と同時に、鍼灸師と柔道整復師の専門学校に進学を決めました。

27歳から治療の世界に入って、スポーツのみならず日常生活に困っている方がたくさんいることも知りました。

カラダのどこかに痛みや悩みがあると、笑顔になれないですよね

私には使命があります。

 

その使命とは…

 

痛みで悩んでいる人たちの笑顔を取り戻し、未来に希望を持てれるようにする!

 

なぜ私にそんな使命があるかというと、私はある日を境に、お客様のカラダを通して或ることに気付いたのです。

それは、人間の生命力に「自然治癒力」という素晴らしい力があるということです。

その自然治癒力のポテンシャルさえ引き出せれば、どんなに沈んだ顔をしたお客様でも笑顔にすることができるようになるんです。

 

だから、私の使命は

痛みで悩んでいる人たちの笑顔を取り戻し、未来に希望を持てれるようにする!

なのです。

 

そんな使命感を持っている私にアナタのカラダを任せてみてはどうですか?

 

アナタのカラダの不調を改善し、アナタが思い描く明るい未来にしてみませんか?

 

大丈夫!アナタもきっと良くなりますよ。

 

  みゆき鍼灸整骨院 院長 馬上 昌幸

いくつになっても、どんな状況でも、アナタのカラダは治りたがっていますよ!

人間には、いくつになっても本来備わっている「自然治癒力」によって自分自身でカラダを治していこうとする能力を持っています。

だから、お客様のカラダが良くなっていくのは、お客様本人の力なのです。

ですが、残念なことにその能力をいかんなく発揮できない人たちがいます。

それを年齢だからという理由で諦めてほしくないのです。

大丈夫!ただ単にきっかけとして足りてないだけです。

 

アナタに合ったキッカケさえあれば、必ずアナタのカラダの自然治癒力は改善されますよ

 

良くなろうとするアナタのカラダの自然治癒力を、その能力をいかんなく発揮できるようにしていきましょう。

今のカラダ年齢より10歳若返らせましょう!

みゆき鍼灸整骨院のコンセプトは「10年20年経っても、何の不安も無く、今よりも元気で若々しくいられるカラダ作り」です。

 

ただ単に、アナタの「痛みを治す」だけでなく、アナタが「元気で健康になってやりたいことができる!」というハッピーな未来を目指すことができるようにこだわりを持っています。

 

 

痛みがなければ、アナタは何をしたいですか?

「家族と一緒に旅行がしたい」

「サブ4を目指したい」

「今よりも元気でスポーツを楽しみたい」

「選手としていい成績を残したい」 など…

 

 

私もケガの多い激しいスポーツであるアメリカンフットボールでケガをし、その痛みが原因で負のスパイラルに落ち込み悩みました。

 

そんな私だからこそ、他の誰よりもできることがあります。

 

 

それは、負のスパイラルの無限ループに悩んでいるアナタを助けられることです。

 

 

それから、アナタには「願い」や「想い」はありますか?

 

あるのなら、私はそれらを尊重し、一緒にハッピーな未来に向けて歩んでいけたらと考えております。

 

さあ、一緒に本気で「今のカラダ年齢より10歳若返らせる」を目指していきましょう!

 

そして、ぜひ当院に来てください!

 

アナタにお会いできることを楽しみにしております。

 

       みゆき鍼灸整骨院 院長  馬上 昌幸